いろいろなことに興味がありすぎて・・・。なかなか一つに絞れない私。だったら取りあえず気になるものを片っ端からチャレンジしちゃえば?!という日記です(笑)


by めひりん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:プチ旅行( 3 )


皆さま、またまた2週間ほど空いてしまいました(汗)

やはり今年の私には何かがとりついているに違いない!!
今度は、4日ほど前から左腰からお尻、そして左足にかけてと激痛&しびれがやってきました。
立ち姿勢やベッドでの寝ての姿勢のようにまっすぐは大丈夫ですが、
椅子に座ると激痛です。

きっと、骨がずれているに違いない!!

ということで、急きょ、整骨院に予約を入れ明日行ってきます(涙)

負けるもんか!!(`・ω・´)



さてさて、近況報告はここまでで、
前回のプチ旅行といっても市内なので、遠足ですね^^;
の続きがまだ残っていますので少しお付き合いくださいませ。


Shah Alamの『ブルーモスク』を見て、
Batu Caveの『ヒンドゥー寺院』を見た後は、
再びイスラムの世界へ戻ってきましたよ♪♪♪


今回のご紹介は『イスラミック・アート・ミュージアム』です。

こちらはKL市内にあり、
クアラルンプール駅の裏当たりにあるので行かれる方はすぐわかると思います。
日本人の方はほぼタクシーを利用していかれるようですが、
私はKLセントラル駅から歩いちゃいましたよ♪
はい、ご想像の通りメチャ暑かったです(^◇^)


最初に到着したら、
d0350340_01055361.jpg
こんな感じの建物の入り口ですね。
もっと、ちゃんと撮ればいいのですがなんてったって写真を写すのが下手なので、、、。

そして、1階の受付で入場料金を支払い(大人 RM14.00)いざ中へ。
最初は1階を見るように言われて、
出口から出てきたら二階へと進むように言われました。

1階のお部屋の中に入ると、
ざっとイスラム教に関する歴史や各国のクルアーンが展示されていました。
また、アラビア文字でデザインされた掛け軸やツボなどの数々。

イスラム教では偶像崇拝が禁止されているのはご存知だと思います。
ですから、アラビア文字を利用してのアートのような作品が出来上がっているんですね。
とてもきれいです。

驚いたのが中国にもイスラム教が根付いていたんですね。
知りませんでした。
今でも回族と呼ばれる方たちがムスリムさんのようですね。


そして、1階を見学した後は2階へと・・・

d0350340_01500302.jpg
どこもかしこもドームの美しさが♪
このドームはサーモンピンクでかわいかったです(*'ω'*)

二階へ上がるとこんな感じです ↓ ↓ ↓

d0350340_01494584.jpg
d0350340_01440845.jpg
どれもピンボケですみません(;^ω^)
d0350340_01460271.jpg
d0350340_01454636.jpg
d0350340_01443019.jpg
あ!これですね↑アラビア文字で描かれた掛け軸。
中国イスラムコーナーにありました。
d0350340_01445411.jpg
d0350340_01485859.jpg
アラジンのランプのようなものもありましたよ(笑)

d0350340_01465770.jpg
d0350340_01484038.jpg
こんな並々になったもので刺せるのかなぁ?って思ったのですが、
刺したら抜けなさそう、、、。

d0350340_01480060.jpg
地域によってどうも剣の刺し方が違うようでした。
そして、写真にはとっていませんが、
地域や部族によって剣の枝の部分の模様なども違いました。

もっともっと、あったのですがとても広くて全ての展示物を見ることができませんでした。
また、ゆっくりきたいなと思います。

ちなみに下の階に降りるとお土産屋さんコーナーとレストランがありました。

d0350340_01042502.jpg
d0350340_01034237.jpg
中途半端な時間帯だったからか?お客さんが入っている様子はありませんでした。
今度、利用してみようかな。

d0350340_01492637.jpg
・・・と、こんな感じでざっとでしたがミュージアムを初見学することができました。
今度はゆっくり一人で見てみたいな~なんて思ったりして^▽^;


この後は、再び暑い中KLセントラルをめがけて歩きました(笑)
暑いのにどうしてタクシーを使わないのか?
そ・れ・は、歩いて発見できるものが多いので歩くほうが断然楽しいからです(*'ω'*)
暑さに強い方は勇気をだして歩いてみましょう♪

歩いた方にはこれらの美しい建物が待っていますよ♪

d0350340_02093846.jpg
KTMビル(マレ鉄道事務局ビル)

d0350340_02162607.jpg
Kuala Lumpur駅
2001年までKLセントラル駅ができるまでは鉄道の玄関口となっていたようですが、
今でもKTMは停車して利用されています。

今回、とっても残念だったのが
『イスラミック・アート・ミュージアム』の向かいにあるにもかかわらず、
見学することのできなかった国立モスク『マスジット・ネガラ』・・・。
今度は絶対、見学するぞ!!


ではでは、次は『スルタン・アブルドゥル・サマドビル』にも行ってきたので、
そのことについても綴りたいと思います♪


では、皆さまごきげんよう(*'ω'*)




[PR]
by Mehreenkhan | 2016-05-31 02:22 | プチ旅行

皆さまこんにちは。
休みの間にプチ旅行をしたことを綴っています。


今度はイスラム教のモスクに引き続き、
ヒンドゥー教の寺院へと向かいました。


またまたKLセントラルからKTMの電車を利用し、
先日行ったブルーモスクとは真逆の方向の東へと。
到着駅は最終駅のBatu Caveです。


電車に乗っていると、
途中からものすごく山奥へと連れていかれる感じがしましたが、
そこが終点です。

d0350340_20301892.jpg


電車が一緒だったインド人の4~5歳の小さな女の子は
ピアスをして、髪もきれいに三つ編みにして、
ネイルもバッチシ服も素敵な民族衣装を着ていました。
かなり負けています私・・(泣)


まぁ、それは置いておいて
駅へ到着すると大勢の方がそこでおりました。
みなさん参拝されるのですね。

d0350340_18484783.jpg


デーンと正面に金ピカのスカンダ神が!!

あ、ヒンドゥー教の多くはインド人の方が主ですが、
ここはほぼ観光地にもなっているのでやはりマレーシア人の方たちも
たくさんいましたよ。

あと、ツアーで来ているのでしょうか、
大型バスがずらりと並んでいました。
中国名で書かれていたので、多分、本土からの観光客だと思います。

d0350340_20370432.jpg

d0350340_18500093.jpg


そして、この長ーい階段を永遠と登って洞窟の中へと。
ちなみに272段あるそうです。
結構足に来ますよ・・(汗)
階段の幅も狭く、傾斜が急なので途中で怖くて泣いている女の子も。
お父さんに励まされながら最後まで頑張って登り切っていました。


ちなみに一緒に行ったYさんも高所恐怖症なので、
下を見ずに、、でも、足がもたないので途中、途中休憩しながら。

d0350340_20390370.jpg
あ!!階段にはお猿さんがわんさといて、
参拝客の手荷物を狙っているのでお気を付けください☆☆☆


d0350340_20423665.jpg
洞窟を形成する石灰岩はおよそ4億歳だそうです!!

d0350340_20434060.jpg
やっと着いたー♪
・・・と思ったら違いますよ。
この途中にある広い広場を通り抜けて、
正面に見えている階段をもう少し登ります。
d0350340_18575390.jpg
中の鍾乳洞
ところどころにライトアップがされていました。


d0350340_20452068.jpg
この最後の寛大を登って到着になります。


ちなみにTaipusam祭りの時には本場インドでは危険すぎるので禁止となった、
体中にブスブスと針を刺し聖地まで練り歩く苦行が
ここの寺院に限らず、現在ではマレーシアとシンガポールだけで観ることができます。
・・といっても、本当にものすごい数を刺し、
しかもその針の太さが尋常じゃない太さのものなので見るに堪えるのですが、今でも行われています。


私もせっかくマレーシアへいるのだからと、
一度見ましたが、もう二度と見ることはないです(汗)


針を刺されている方たちは、
たぶん、痛み止めなどをしているからでしょうか、
トランス状態で目が完全にいっちゃっています"(-""-)"


で、今回はタイプーサムではないので怯えることもなく参拝できましたよ(笑)

d0350340_20052642.jpg
はい、やっと到着です。
信仰されている方々はこちらで靴を脱ぎ、
真ん中に置いている何やら赤い紐のようなものを取り、
手首に巻いていました。


d0350340_20255932.jpg
写真がブレブレでごめんなさい。
途中途中で何やら掛け声のようなものをしていました。

私は一通りの儀式を拝見して、
しばらくしてからまた長い階段を下りることに。

d0350340_20290175.jpg
最上部からはKL市内を見下ろすことができます。
結構な勾配なので、下りるのも一苦労しそうですが、頑張りますよ。

d0350340_20380789.jpg
違う角度から見てもやっぱり大きいものは大きい!!
そして、太陽の光が反射してまぶしいです(;^ω^)


下にはお土産屋さんやヘナアートをしているもの。
そして、ココナッツジュースを売っているお店などもあります。
d0350340_20315067.jpg
d0350340_20331745.jpg
私も一度はヘナアートを楽しみたいのですが、
薬草アレルギーがあるので断念です。
肌の強い人はなんともないようですが、
人によってはかぶれて腫れあがる人もいるそうです。
きっとは私は後者なので見るだけですね(涙)


はい、以上でBatu Caveの観光終わりです。
暑くてしかも階段長くて、めっちゃ汗だらだらでした。
帰りの電車ではあまりの疲れ用に、二人とも沈黙・・・。


次回はまたまたイスラム教に関わることです。
『イスラミック・アート・ミュージアム』のことについて
綴りたいと思います♪


では、みなさま最後までありがとうございました。


[PR]
by Mehreenkhan | 2016-05-11 20:52 | プチ旅行

ブルーモスクへGO!!

皆さま、おはようございます。
最近、ブログが滞っているのでまとめてアップしちゃいます(笑)

先週はちょっと知人がマレーシアへ遊びに来たこともあり、
観光巡りをしてました♪


そして1日目の観光は世界第4位(東南アジアでは1位)の大きさを誇る
ブルーモスクへと向かいました。
本当の名前は Sultan Salahuddin Abdul Aziz Shah Mosqueという
長ーい名前がついておりますが、
モスクの色がとってもきれいなブルー色なので、
ブルーモスクとも呼ばれています。


どうやって行こうかと悩んだのですが、
とりあえずKL Sentral駅から出発することに。
もちろんKTM利用です。


そして、Kuala Lumpurから西側へ向かって
Shah Alam駅へ到着。
たぶん40分ほどだったと思います。
そこからは目の間にタクシースタンドがあるので利用して5分ほどで到着。

d0350340_11482275.jpg
あ~~残念。007.gif 美しいブルーのドーム部分が改装中で足場がたくさん組まれていました。
でも、大きさといい圧巻です!!

d0350340_11485668.jpg
被写体を映し忘れたので、大きさがわかりにくいですが、
門扉の横の塀部分より私は低かったです。

中に入るには足首あたりまであるガウンをすっぽりとかぶり、
こちらのモスクでは頭にかぶるヒジャブも貸してもらえての入館。
男性は短パンでなければ着用する必要はないようです。

お祈りを実際にされるもスリムさんたちは、
まずは悪い考えと体の不浄を取り去るために『ウドゥー』を行います。
後でパキスタンの友人に聞くと、発音は『ウォズォ』みたいな発音をしていました。
カタカナで書くのって難しい。

d0350340_12082063.jpg
そのあとはマレーの男性の方がガイドについてくださり、
中へと案内してくださいました。

中に入るとひんやりしていてとても涼しく気持ちよかったです。
この場所では下の階で男性がお祈りをして、
女性は二階部分でお祈りをするそうです。

ちなみに正面に移っている方向がサウジアラビアのメッカの方向ですね。
床は絨毯になっていてブルーのラインがあるのですが、
そこに一列に並びお祈り開始。
このモスクでは横一列が200名並ぶことができるそうです!!

d0350340_12264823.jpg
ドームの中の部分ですね。
見上げるとすごい細かい模様が描かれていてきれいでした。
プトラジャヤにあるピンクモスクとはまた全く違った雰囲気のモスクでした。

そのあとは、別の場所へ案内してくださり、
ラッキーなことに私たちは結婚式場やイスラムのお勉強部屋などを見せてもらうことができました。
通常は、このメインホールだけです。


私たちが写っていない館内だけの写真がほしかったのですが、
ガイドさんにスマホを奪い取られ、
彼がすべ案内しつつ写してくれたのでちょっと残念。。

でもね、最後に案内をたくさんしてもらったのでお布施をしたら、
officeらしきところに通されて、
日本語バージョンのQuranをいただきました。

d0350340_12400934.jpg
途中途中で、ガイドさんにイスラムの神様は誰か知っている?とか、
キリスト教でのメッセンジャーはジーザス。では、イスラム教のメッセンジャーは誰?
どうしてイスラムのモスクの中にはスタチューがないのでしょう。とか、
結婚式に両親を呼ぶ理由は?などなどいろいろな質問が投げかけられちゃいました(汗)

普段からパキスタンMさんにちょっと教えてもらっていたり、
話に出てくるので少し答えれましたが、
結婚式に両親を呼ぶ理由は、私の答えではだめだったようです^^;
答えはすべてこのQuranに書かれているので読んでね。とのことでした。

最後にガイドさんがすっごく強調していたのが、
イスラム教の教えは平和で人生においてとても勉強になるので、
イスラム教徒でなくても、書かれていることは勉強してほしいな。。。と。
そして、現在世界中で起きているテロ行為は決してイスラムとは関係ないので、
一緒には絶対に考えてほしくない。

とのことでした。


『慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。』


[PR]
by Mehreenkhan | 2016-05-09 13:00 | プチ旅行