いろいろなことに興味がありすぎて・・・。なかなか一つに絞れない私。だったら取りあえず気になるものを片っ端からチャレンジしちゃえば?!という日記です(笑)


by めひりん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

結果はやはりついてくる


皆さま、こんにちは。
ちょっとばかし、ブログがご無沙汰していました^^;特に何もなかったです。


さてさて、わが子ネタ。
昨日はわが子が学校から戻り「今日Physicsのテストがあった。」と一言。
えっ???
確か試験はまだ2週間先。どういうことか尋ねてみると、、、。



Physicsの授業の時に、生徒たちが「Physicsって難しい。」って言って騒いでいたら、突如先生が「じゃ、どれくらいみんなわからないかテストしてみよう」という話になったそうで、さらに大ブーイング(苦笑)そして、テスト用紙が配られたらしいのですが、わが子がいうにはそのテストは学期末テストに出てくるような形式でいわゆる小テストのような感じではなかったというんです。そして、表にはTerm2って書いてあったらしい。



わが子曰く、つい最近あまりのレイジーさに私が喝を入れて「そんなんじゃ、一人日本に戻りなさい!!近いうちに日本行きのチケット取るから」なんて言ったもんだから、2階の自分の部屋でひたすら勉強していたようです。なので、今回の突然のテストだったにも関わらずすごくできたそうです。本人談なのでなんとも言えませんが、、、。


そして、本人曰く「あーこれが本番の学期末テストだったらいいのになー。間違いなくA+をとれているよ。」とのこと。。。点数をまだ見ていないのでなんとも言えませんが、よほどできたことには間違いないようです。集中してやれば日本にいた時でもこちらでも成績は上位をとれる子ではあるんですが、なんせ怠け者で、、、(悲)。もちろん本人は自分が怠け者だなんて微塵にも思っておりません。そこが一番痛いところなんですけどね。


ということで、あと2週間後の期末テスト本番までこの集中力が続いてくれたらいいのですが。。。

[PR]
# by Mehreenkhan | 2016-03-16 11:12 | その他

面倒見のいい学校

皆さま こんにちは。
なんか最近右手の小指と親指が調子が悪いなーと思うメヒリーンです(汗)
何が調子が悪いかというと、指の曲げ伸ばしに違和感が、、、。
とりあえず、もう少し様子をみようかな、、。


さて、昨日は学校からお便りがメールで送られてきました。
基本、学校からの大事なお手紙はほぼ100%メールです。これはちょっと日本とは違うところでしょうか?他の学校もそうかどうかはわかりませんがわが子の学校はそのようになっています。なので、子供のよくあるお手紙出しそびれ、、、なんていうのはないのと子供が渡したくないであろう手紙などもダイレクトに私にメッセージが届くようになるということなんで親としてはありがたいです。



そして、昨日のメールはそろそろ試験が近いので勉強をしっかりと家庭でもすることと、宿題の出しそびれや各教科プロジェクトへの不参加などは減点対象になります。ということや、試験当日の時間割などが送られてきました。



そして、もう一つ別メールで送られてきたもの。
それは試験が近いこともあり、英語力をもっと高める必要があるので放課後1時間にAfter-English Class を試験日までの毎週水曜日に行うとのこと。それについては学校送迎バスは利用できないので、親が送迎のアレンジをしてください。ということで、内容が理解できて賛同できればここへ署名を・・なんていうメールでした。



わが子の場合は、送迎バスはあちこちの家を回って帰るから時間が倍かかる。とのことで拒否しているので自力で市営バスに乗って行き来しています。セカンダリーだから別に一人でも全然大丈夫なんですが、ここマレーシアは今だに誘拐事件が時々ありますので中華系の親たちは大事なお坊ちゃんお嬢ちゃんはきちんと親が送迎するか、送迎バスを利用するかになっているようです。なので、セカンダリーになっても一人で街中に繰り出したことのない子や一人でバスや電車に乗ったことのない子は結構います。


話は元に戻りますが、このAfter-English Classとてもありがたいです。しかも無料。だいたい放課後クラスって別料金がいることが多いんですが、わが校はあまりもうけ主義ではないみたいで、無料で面倒を見てくれるというなんとも親切な学校です。英語・数学・理科のこの三点セットは大事なので、その中でもわが子の点数が今一歩伸びていない英語の授業をしてくれることは親としてはありがたいですね。我が子も英語の授業はうれしいようです。前回の先生も丁寧に教えてくれるとてもいい先生でしたが。今回の新しい先生の説明もとてもわかりやすいようで、うれしいとのことです。


これで、次の試験で英語の成績がちょびっとでも伸びてくれるといいんですけどね。



[PR]
# by Mehreenkhan | 2016-03-09 12:49 | その他

ついにメガネっ子に!!

皆さま おはようございます。
昨日は日本にいる姉より、LINEで連絡があり京都に遊びに来ているとのこと!!
美味しそうな京料理の写真がバンバン送られてくる・・(涙)
日本に帰りたくなるじゃないかぁ!!!

そのあとは、東京へ向かうそうな。。
ここ最近、姉はやたらと小旅行へと出かけている。
どこにも出かけていない私からするとすっごく羨ましい(´・ω・`)!!

私もどっか行きた~~~い!!

・・・失礼しました^^;



さて、今日はわが子のことです。
わが子と学校帰りの時間にショッピングモールで待ち合わせしていました。
待てど暮らせどなかなかやってこないわが子。。。いつものことなんですがねーー;


私もスマホをいじりながら待っていました。
なかなか来ないなーと思って、やってくる先をじーっと見ていましたがくる気配なし。
でも、わが子と同じ学校の制服の子が歩いているからそろそろ来るか?なんて思っていたら、
その子が満面の笑みで私の方に近づいてくる。
そして私に手を振る・・・誰?


よーくみると、なんとわが子ではないか!!
というのも、わが子はなぜだかメガネをかけていたから。  なぜ?


そして、私のところに来て「お待たせー」と。
お待たせーじゃないでしょ!?イヤ、、待ったけどね。。
というか、なんなのそのメガネ、、。何かのギャグ?罰ゲーム?と尋ねたら、
どうやら、最近黒板がどうも見えにくくなっているらしく目を細めているのを何度も先生に目撃されていて前々から視力検査に行くようにと注意を受けていたそうな。(聞いてませんけど、、、--;)


そして、クラス担任と昨年のクラス担任が校長先生にわが子が目が悪いのに視力検査をしない!と苦情。そして、昼休みに校長先生直々に呼び出しがあり、なんと校長先生に連れられてメガネ屋さんへと足を運んだそうな。そして、結果はかなりの視力低下、、、。勉強あまりしていないのに?


即、メガネを買うようにと言われ、わが子はお金を持っていないかったので校長先生が立て替えてくれたようで、自分の小遣いで毎日10リンギ払えばいいからね。と言われたそうな。


そして、校長先生は「子供にメガネをかけさせたくない親は多いから、もしもお母さんが勝手にメガネを買って怒ったらこのメガネは先生が買ってあげたことにしてあなたは払わなくていいから。」と言ったそうな。今わが子は成長期。
成長期に急に身長が伸びると視力が低下する。。というようなホントかウソかわからないけどこのような話も聞いたことがあるし。確かに早々にメガネをかけてはほしくないとは思っているんだけどね。


実際、私の姉は急激に中学生の頃に身長が伸び視力がガタ落ちしてメガネを慌てて作った経験があり、その後、早くにかけるんじゃなかったと後悔しているのも聞いている。
チビだった私の場合も、やはり中学生の頃に急激に身長が伸びて両目2.0の視力が0.6になった経験もあったのですが、半年ほど眼科に通い、身長の伸びも緩やかになると再び2.0へと戻った経験もあるしね。どっちがいいかわからないけど、、、。


でも、わが子曰く「メガネ最初かけるのすごく嫌だったし似合わないと思っていたけど、かけてみるとびっくりするくらい視界が明るい!そして色が多い!!(色が多いって何?) 頭痛くならないし。。。」とのこと。そして、一番のメガネお気に入り理由は、学校へ戻るとクラスのみんながメガネかけている方がずっとイケメンだ!!と言ってくれたことらしいです^^;haha,,(単純ですな、、、。)


ということで、早々にメガネをかけては欲しくなかったのですが、本人頭痛が止まったとか、視界が広いとか、イケメンに見える!(あくまでもイケメン風に見えるだけです。。)とのことで、いたく喜んでいるのでメガネOKを出しました。

これでよかったのか?

とりあえず、わが子のメガネっ子はスタートしてしまいました。
あ、メガネは本人も喜んでいるということで全額次の日に持たせて校長先生にお礼ともども返しました。

[PR]
# by Mehreenkhan | 2016-03-03 09:56 | その他
皆さま こんにちは。
最近、映画館へ行っていなかったのですが久しぶりに行くことに。
目的の映画があって行ったのではなく、なんとなく行き当たりで決めてしまった映画を見ることに。

映画のタイトルは『Lost in Pacific』


どんな映画もわからず、タイトルだけで決めてしまった映画なのですが、
一言でいうと、、、、。あ、コメントなしですね。


なんていうんだろう、作りが 雑!?
中国映画だと思いますが、言葉は英語です。



ストーリーは太平洋を横断している豪華でエリート乗客ばかりの航空機の就航中におきまりの雷が羽部分に落ちて、一見人気のない無人島のようなところに緊急着陸したところから話が展開していきます。
その島で、クルーたちが何か得体のしれない生き物に襲われて死んでしまうのですが、その生物が画面いっぱいに襲い掛かってきたとき、思わず爆笑してしまいました。


・・・・だって、あまりにもその生物がリアルではなさすぎるから・・・(苦笑)


恐怖感をあおった作りにしたかったのでしょうが、全く恐怖を感じませんでした。
フィルム時間も1時間半と短かったのが幸い。
・・・と酷評ですが、まだ上映されているのでそれでも観たいと思われる方は心して!!



ちなみに一緒に観に行ったMさんは「まぁまぁ、、」との評価。
そうなんだ、、。まぁまぁという評価ができるだけよかったねと私は思ったのでした。



[PR]
# by Mehreenkhan | 2016-02-26 09:14 | その他
皆さま こんにちは。
イミグレーションでの学生ビザ更新の際のやり取りが、とりあえずが終了し1日目が終了。
そして、今度は私のビザ更新の2日目のことを記事にしようと思っていたのですが、気が付くとすごく日付が経っていました^^;

皆さんから頂いたコメントやイミグレのことについて書かれている方のブログを訪問して読ませていただいたりとして思ったのは、どこの国でもイミグレっていうのは厄介な場所である!!ということだけは分かりました。なので、次にどこの国へ行ってもイミグレスタッフとのやり取りには気合根気が必要ということですね!!


そして、2日目の私のビザですが前日の1日目は家を出発したのが遅かったのと写真を撮りに行っていたのでイミグレに到着したのが遅く、ちょうどお祈りの時間とも重なって2時スタートとなりましたが、今回の2日目は早めに家を出発しました。到着したのは午前9時半頃。


イミグレの中は既に人でごった返していました。
そして、受付に並び書類を提出し受付番号を手にして次に番号を呼ばれるのをまたひたすら待ちます。
今回は、人が多かったのに順番を呼ばれるのは早かったです。


今回の受付の方は若い女性の方。
キリッした表情をしていますが、まだ板についていない感じでかわいらしいです。
書類とパスポートを提出して、確認。
なぜか写真を受け取らずに返却されるので、尋ねたら「必要ない」とのこと。
せっかく、前日に撮りに行ったのに、、、。
そして、あっさりと終了。


あれ?なんか物足りない、、、。今日は早すぎる!!
でも、うれしいことだね♪なんて思いながら座って待っていました。


すると、時間がまだ10分ほどしかたっていないのにまた番号を呼ばれました。
どうやらパスポートのコピーが足りないらしく、コピーして来いとのことでページ指定をされて同じ館内にあるコンビニ店でコピーをしてまた提出。


若い女性は「サンキュー」と言って受け取ったのにびっくりしてしまった私。
・・・というのも、ここイミグレーションで、お礼や謝りの言葉なんて一度も聞いたことがなかったので本当に驚きました。しかも、このお姉さんニコッって笑ったし!!


そして、また再び座って待っていました。
次に呼ばれた時にはきっと書類に印を押されパスポートと共に渡され、お支払いコーナーへと行くもんだと、、。しかし、30分ほどしてまた同じカウンターから呼ばれ、今度はイミグレお姉さんの後ろに年配の男性が立っていて、その方が「Ms.!!このコピーしたところ違うから、このページとこのページを子ピーしてきて」と再び注文されました。
・・っていうか、間違えたのは私ではなくて、ページ指定の場所に付箋を貼ったこのお姉さんなんですけど?って思いながらも、お姉さんを見ると「ごめんなさい」なんて小さな声で謝っっているではありませんか!!思わず、私もにっこり笑って「わかりました。いいですよ。」なんて言いながら再びコンビニへ。


そして、コピーを再び提出した時には、このお姉さん何度も「ごめんね。次は大丈夫だから」って言っていました。新人さんぽかったので、まだイミグレスタッフに浸透していないのかな?可愛かったです。
どうぞこのままでいてほしい。。。


そして、次はやっと書類とパスポートを渡され支払いコーナーへ♪
コピーいろいろありましたが、新人イミグレお姉さんのキュートな対応でいやな気分もなかったし、良しとしましょう!!でお支払いを済ませに会計窓口へ。


その会計窓口では、年配の女性の方だったのですが、またまたびっくり!!
会計支払いの金額を伝える際ににっこりとした表情で伝えられ、おつりを渡されるときに「この黄色い紙を持ってしばらく待っていると、あちらのコーナーから呼ばれるのでそこでパスポートもらったら終了だからね。じゃ、さよなら。」とその後の説明などを親切に付け加えてくれたのでした。


ありえなーーーーい!!


と、私は心の中でうれしい悲鳴を上げたのでした(笑)
パスポートが無事に手に戻ってきたときには12時半でしたが、1日目とあまりにも違うスタッフの対応にびっくりの一日でした。


どうか、この新人お姉さんと会計女性の対応はいつまでも変わらないでいてほしい。と心の中で願いました(笑)

[PR]
# by Mehreenkhan | 2016-02-24 08:39 | その他