いろいろなことに興味がありすぎて・・・。なかなか一つに絞れない私。だったら取りあえず気になるものを片っ端からチャレンジしちゃえば?!という日記です(笑)


by めひりん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:イスラム ( 2 ) タグの人気記事

ラマダンに便乗して♪


アッ・サラーム・アレイコム♪

私の腰の具合は日に日によくはなってきています。
やっぱりいたわるよりも、多少は体を動かさないといけないようですね(苦笑)
そして、育ちに育った私の体重にも原因があったんだと思います。
体重を落とさないとね(/ω\)


そして、世界中のイスラム教徒さんたちには大事なラマダンがもう始まっていますね。
我が家の近くにも夕方になると、ラマダンビュッフェを出しているところをチラホラ見かけます。
私もこのラマダンに便乗してファスティングをしようとトライ中ですよ♪


でもね、ここマレーシアの日中はすんごく暑いので食べることは抑えれてものどが渇くのですよ。
だから、夕方というかだいたい夜7時半ごろなのですが、そのころに飲食ができるまでが待ち遠しです。まだ二日ですが、便乗した結果少しは変化が最終日に見られるといいのですが(*'ω'*)


ラマダンをイメージするにファスティングを思い浮かべる方は多いと思います。
これは何もファスティングだけではないようですね。
お友達のMさんに聞くと、「一年の罪を償ってきれいにする」とか、「ファスティングして体内をきれいにする」とかいろいろあるようですが、要は一年を通して我慢できなかったことや欲深くなってしまっていたことに反省する期間でもあるようです。
ちなみにMさんは『ラマダン』ではなく『ラマザーン』と言われていました。


もちろんMさんも断食をしていて、いつも貧しい人たちに分け与えれるようにとお金を小分けに持っているようです。特にこの期間は気を付けて普段よりも多く持っているようです。


Mさんの地元では、お母さまが大量にお食事を作ってそれを子供たちがプアーな方の家へと小分けに持っていき、お金と共におすそ分けをしているとか。これが毎年の子供たちのお仕事だそうです。
ただ、Mさんのお母さまは慈悲深い人の用で、毎年一回ではなく、常に料理を多めに作って普段からおすそ分けをしているようです。見習いたいものです。


ただ、我が子は学校からこんな注意も受けてきたようです。
「学校付近で道路に寝転んで生活している人には絶対にお金を渡してはいけません。なぜなら、彼は麻薬を使ってああなってしまった自業自得な人ということと。時々、一般人に危害を与えるからです。」とのこと。

確かに、いるんですよ。危なさそうな人が道路に寝っ転がって、、、。
ここマレーシアは麻薬は重罪となっていて死刑犯罪に値するのですが、それはあくまでも表向きなことで麻薬で重犯罪になるのは外国籍の人がマレーシアで捕まったときだけだとも聞いたことがあります。実際に、麻薬で捕まったけれども数日で刑務所から出てきているマレー国籍の人は多いです。

話がそれましたが、このラマダンシーズン。
2016年上半期。
私の体調はひどくよくなかったので、便乗してすべてをクリーンにできればいいな♪なんて思っています。


では、まだまだ始まったばかりですが頑張りますよ!!


みなさんに幸あれ!!



[PR]
by Mehreenkhan | 2016-06-07 22:21 | ダイエット

ブルーモスクへGO!!

皆さま、おはようございます。
最近、ブログが滞っているのでまとめてアップしちゃいます(笑)

先週はちょっと知人がマレーシアへ遊びに来たこともあり、
観光巡りをしてました♪


そして1日目の観光は世界第4位(東南アジアでは1位)の大きさを誇る
ブルーモスクへと向かいました。
本当の名前は Sultan Salahuddin Abdul Aziz Shah Mosqueという
長ーい名前がついておりますが、
モスクの色がとってもきれいなブルー色なので、
ブルーモスクとも呼ばれています。


どうやって行こうかと悩んだのですが、
とりあえずKL Sentral駅から出発することに。
もちろんKTM利用です。


そして、Kuala Lumpurから西側へ向かって
Shah Alam駅へ到着。
たぶん40分ほどだったと思います。
そこからは目の間にタクシースタンドがあるので利用して5分ほどで到着。

d0350340_11482275.jpg
あ~~残念。007.gif 美しいブルーのドーム部分が改装中で足場がたくさん組まれていました。
でも、大きさといい圧巻です!!

d0350340_11485668.jpg
被写体を映し忘れたので、大きさがわかりにくいですが、
門扉の横の塀部分より私は低かったです。

中に入るには足首あたりまであるガウンをすっぽりとかぶり、
こちらのモスクでは頭にかぶるヒジャブも貸してもらえての入館。
男性は短パンでなければ着用する必要はないようです。

お祈りを実際にされるもスリムさんたちは、
まずは悪い考えと体の不浄を取り去るために『ウドゥー』を行います。
後でパキスタンの友人に聞くと、発音は『ウォズォ』みたいな発音をしていました。
カタカナで書くのって難しい。

d0350340_12082063.jpg
そのあとはマレーの男性の方がガイドについてくださり、
中へと案内してくださいました。

中に入るとひんやりしていてとても涼しく気持ちよかったです。
この場所では下の階で男性がお祈りをして、
女性は二階部分でお祈りをするそうです。

ちなみに正面に移っている方向がサウジアラビアのメッカの方向ですね。
床は絨毯になっていてブルーのラインがあるのですが、
そこに一列に並びお祈り開始。
このモスクでは横一列が200名並ぶことができるそうです!!

d0350340_12264823.jpg
ドームの中の部分ですね。
見上げるとすごい細かい模様が描かれていてきれいでした。
プトラジャヤにあるピンクモスクとはまた全く違った雰囲気のモスクでした。

そのあとは、別の場所へ案内してくださり、
ラッキーなことに私たちは結婚式場やイスラムのお勉強部屋などを見せてもらうことができました。
通常は、このメインホールだけです。


私たちが写っていない館内だけの写真がほしかったのですが、
ガイドさんにスマホを奪い取られ、
彼がすべ案内しつつ写してくれたのでちょっと残念。。

でもね、最後に案内をたくさんしてもらったのでお布施をしたら、
officeらしきところに通されて、
日本語バージョンのQuranをいただきました。

d0350340_12400934.jpg
途中途中で、ガイドさんにイスラムの神様は誰か知っている?とか、
キリスト教でのメッセンジャーはジーザス。では、イスラム教のメッセンジャーは誰?
どうしてイスラムのモスクの中にはスタチューがないのでしょう。とか、
結婚式に両親を呼ぶ理由は?などなどいろいろな質問が投げかけられちゃいました(汗)

普段からパキスタンMさんにちょっと教えてもらっていたり、
話に出てくるので少し答えれましたが、
結婚式に両親を呼ぶ理由は、私の答えではだめだったようです^^;
答えはすべてこのQuranに書かれているので読んでね。とのことでした。

最後にガイドさんがすっごく強調していたのが、
イスラム教の教えは平和で人生においてとても勉強になるので、
イスラム教徒でなくても、書かれていることは勉強してほしいな。。。と。
そして、現在世界中で起きているテロ行為は決してイスラムとは関係ないので、
一緒には絶対に考えてほしくない。

とのことでした。


『慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。』


[PR]
by Mehreenkhan | 2016-05-09 13:00 | プチ旅行